ログイン情報

現在ログインしていません

広東省での受験情報(掲示板)

  • 広東省の受験情報を記載願います。
  • リンクURLを書き込んだ場合は、承認をさせていただいてから投稿ページへ反映させてもらいます。

44 comments to 広東省での受験情報(掲示板)

  • てつ

    東莞情報です。お世話になりました。このサイトのおかげで98点で科目1筆記試験にパスし6年のC1(普通自動車免許)を無事受け取りましたので出来る限り詳しくお知らせします。(東莞以外では所々違うと思います)

    ①私の試験対策
    このサイトでまず標識や手信号をざっくり見て間違えそうなところはエクセルに貼り付ける。模擬試験では全部空で回答送信し、最初から答えを見るようにし10回(1000問)その間に間違いそうなところだけエクセルに貼り付けて行きました。模擬試験を考えながら真面目に10回やると時間が掛かり、思考しながら答える過程で変に覚えてしまうのを避けるためです。その後、エクセル上に残した問題を整理しながら暗記し5回ほど模擬試験して確実に90点以上になる事を確認。

    ②必要書類
    以下、日本運転免許やパスポート以外は原本も取られる、念のためコピーは各数枚用意。パスポートはビザ、入国スタンプページも。私のビザは1年の居留許可でした。

    机动车驾驶人身体条件证明(健康診断書)・・・車管所で安く簡単に入手できるので事前用意不要

    パスポート:翻訳公証書も必要 公证处(体育路3号市体育中心体育馆附楼1层)受付右奥の翻訳室に直接入って依頼し、費用を受付左側窓口で支払い後に受け取る。初回はたしか一部50元?同じものを2回目は2部20元だった。  

    日本の運転免許:翻訳公証書も必要 公证处だと内容的に難しいと思い、日本運転免許翻訳の実績のある深センの翻訳会社http://www.vemvm.com/#473CS にチャット上で依頼。両面とも翻訳して同一面に上が日本免許画像で下が中国語訳の「对照版」と伝え、東莞以外の翻訳会社の場合は営業許可書コピーも必要ですべて押印付き、公証書仕様と伝える。先に、微信や支付宝で150元(送料込)支払いして、その後に免許運転の両面スキャン画像データを送り、半日で、翻訳後のデータを見せてもらい、GOサインを出してから顺丰快递で送ってもらう(省内は当日~翌日着)。中国語訳部分は免許の形を画像付きでそのまま再現して中国語に入れ替え、和暦が西暦になり、車種記号は具体的に翻訳されて良く出来ていた。

    免許用写真(白背景小型)と数字相片采集回执:適当な写真屋で運転免許用と伝える。40元だった。枚数は必要以上くれる。数字相片采集回执ももらう。数字相片采集回执発行時には必ず漢字名で登録してもらう。この後の予約~申請は全て漢字名にする。

    境外人员临时住宿登记表:東莞住所のが必要。登録してあれば発行した近所の派出所で無料で何回でも原本再発行できるはず。

    ③申請予約~申請~試験~免許受け取りの流れ
    PCあるいは微信で申請日時を予約してから车管所(寮步镇寮城中路2号 国际汽车城站から徒歩数分)で申請し書類検査され費用を払って科目1試験日程を予約し、そのあと試験は驾驶人考试中心(莞龙路68号 上桥站から徒歩数分)で行い、合格したら成績単を受け取ってまた车管所に行って免許を受け取る。行き来が大変だが要領良くやれば1日で完了する。ただこの2箇所は非常に離れており直行バスがない。バス待と徒歩を合わせ1時間半見た方が良い(昔は同じ場所にあったらしい)。国际汽车城站 872路10站  嘉湖花园(立体歩道橋を渡り反対車線で乗る)  55路7站  上桥站 がスムーズ。

    ④申請日時予約
    http://yslqz.dgjj.gov.cn/jszyw/toDoc.jspx?ywlx=39 から予約。このサイトに一応、中国語で必要書類、手順など記載されてるが不十分。原***(日本の免許情報)は入力不要。申请车型はC1(普通)とかC2(オートマ限定)とか入力送信後に日時を選択(平日 9:00-16:30)。自分はPCでうまく予約が入っていなかったので微信の“东莞交警”微信公众号进行网で予約した方が無難かも。

    ⑤申請
    车管所正面入口から入ってまず一番右側奥個室で身体検査し机动车驾驶人身体条件证明を発行。パスポートだけ提示し、色盲検査を行い、身長は口頭で聞かれ、そして「メガネは?」と聞かれ「念の為もって来た」というと検査せずに勝手にメガネ矯正有りで両目5.0にされた(運転条件にメガネあり記載がないので後々問題なかったが)。微信払いで25元と言われたが現金25元を強引に渡して何とかなった。次に正面入口はいって直ぐ右側のカウンターで簡易書類検査をされ、整理券をもらい。正面入口左の席で番号を呼ばれるまで待ち、呼ばれたら書類提出する。モニター内の個人情報が間違えていないか確認させられ、試験日時(平日9-11 14-16時)を聞かれる。微信で試験費70元と手続費10元を払うように言われ現金を断られ、仕方がないのでそこら辺の中国人に現金と引き換えに微信で払ってもらうように頼んだ。試験場への案内状とホッチキスで止めた提出資料を渡されこれらとパスポートをもって試験場に行くように言われた。

    ⑥試験
    14時予約で1時間前についたが試験場は人でごった返しており、案内板に科目1のスケジュールが中国語でぎっしり複雑に書かれちょっと不安になってきた。 まだ昼休みのはずが既に人が入り込んでおり、夏休みで学生が多いし、もしかしたら予約時間に関係なく出来るかもと思い、入口はいって直ぐ左の階段下のゲートの職員に聞いたら、この階段を上がっていきなり試験を始めてくださいとの事だった。先に外に出て右向いの別棟の保管室に行き、大きい方のロッカーの赤いボタンを押し、バーコード紙を受け取り、カバンを丸ごと入れ、手には、パスポートと提出資料と試験案内状を持ち、ポケットに財布などの貴重品を入れたまま(スマホなど通信機器やライター、カバンは試験場に持ち込み禁止)。言われた試験棟の階段を上がり、試験室の金属探知機をくぐると試験用PCがずらりと並び大勢の人が試験を受けている。左側受付でパスポートを提示し「外国人 中国語読めない」的な事を言うと日本語モードに切り替えたPCの番号を案内され、椅子に座る。自分の名前、ID(パスポート番号)、個人情報がモニターに表示されておりconfirm(確認)ボタンをクリックして始める。その前にID(パスポート番号)の前にFとついていたので念の為に受付に行き聞いてみたら打ち間違いではなく問題ないとのこと(外国人foreignerを識別するFだと思う)。画面構成は上に問題文(日本語のみで中国語併記なし)、下に問題画像、真ん中に✔(はい) ✖(いいえ)などの選択肢(押すと次の問題に進む)、左上に自分が監視されている動画、左下に45分からのカントダウン表示、右上に各問題の問1-100の回答履歴(クリックするとその問題に直接行ける)、その下にskip,next,back,とhand in(提出)がある。中国語併記がなく変な日本語でも中国語を見て補う予定が狂い、内容的には7-8割ぐらいしか、ここで勉強した内容と一致しておらず、内容が同じでも表現がだいぶ違っていたのでダメかとも思いましたが常識的に判断できる問題が多く、時間ギリギリまで見直ししてからhand in(提出)ボタンをクリックし、終了確認画面でOKをクリックすると98点と表示され感激。その後、前の受付に行き、パスポートを提示し合格したかどうか聞かれ「当然」((笑))と答えた。外国人の合格者ということで珍しいのか色々話しをされ、その場で成绩单をもらい再び车管所に行って免許をもらうように言われた。試験室から出ると機械が設置されており中国人は何か手続きしていたが私の場合は不要との事。最初に見たぎっしり書かれた科目1スケジュール表は海外免許切り替えの外国人には全く関係ないらしい。ロッカーに戻り預け荷物を受け取った時の時間はPM2時だった。

    ⑦免許受け取り
    车管所正面入口から入って申請した時の左側ガラス張り窓口の右側奥に20番窓口がありそこにパスポートを提示し提出書類と成绩单を提出。小太りの男性職員は日本語が少し話せて、一生懸命に日本語で対応してくれた。「30分後に左の8-9番窓口に行き受け取ってください」的な内容を日本語で案内された。実際には15分後に行ったら出来上がっており、役所でいつものごとく、免許を机の上に放り投げられ受け取った。

    ⑧最後に
    書類不備なしで朝一番の申請をして当日午後一番の試験日時予約を出来れば、夕方には免許が受け取れると思います。ただ私の場合は申請時にパスポートの翻訳公証書を忘れており遠い公证处まで取りに行って来たので試験は後日となりました。翻訳公証書の発行は2箇所に別れましたが一箇所でやるに越した事ありません。翻訳会社の方は日本運転免許を含めネットで申し込んで郵送してくれるのが便利。政府機関の公证处は直接行き恐らく郵送不可で特殊な物はやってくれるかどうか不明だが安いかも。名前は英語でなく全て漢字に統一する事。微信払いできるようにしておくとスムーズ。交通費を除く総費用は写真40+免許翻訳150+旅券翻訳20+体检25+試験70+手数料10=315元だった。クラクション問題が出て判断が微妙な時は「鳴らす」方が正解率高いです(笑)。後続の方がスムーズに事が運ぶことをお祈りしております。

ちーうえい へコメントする コメントキャンセル

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>