ログイン情報

現在ログインしていません

運転免許取得の流れ

運転免許取得の流れ

 
  • このサイトでは日本で運転免許を保有している方が、中国国内の運転免許証を取得することを目的として制作されています。
  • 日本で免許を持っていない方は中国の教習所に通うというような方法を選択するしかないかと思われますが現実的には初心者の外国人が運転するのは極めて危険な国だと思いますので、取得しても乗る場所などの環境によって自分の身を守る方法を考えましょう。
  • さて、そのような前提条件ですので、最初の条件は、自分自身が運転免許を持ってきているかどうかです。そして、居留許可が必要となり,基本的には有効期限まで3ヶ月以上のZビザとパスポートの有効期限も3ヶ月以上。が前提となります。
  • DSC_0405
  • 試験を受ける場所は、居留許可証にある発行地です。私は最初に上海の車両管理所に行きましたが居留許可の発行地(無錫)でないと受けられないと言われました。上記写真の居留許可であれば、無錫市ということになります。この基本が抑えられたら受験の手続きに入ります。(これらの内容は2013年9月以降の実体験を基にしていますが、だいたい同じだと思います。)
  1. ネットで無錫市の車両管理所を検索して、まずは総合受付(案内所)のような場所がありますのでそこに行きましょう。
  2. 受付では、受験の手順や準備する書類の一覧が切れ端のような紙に書かれてもらうことができます。
  3. そこに日本の免許証を翻訳してくれる場所の住所などが書かれています。ちなみに上海は上海の翻訳機関、無錫は別です。他の地域で翻訳した書類は使えないそうです。ちなみに上海は50元、無錫は100元でした。試験日などの情報も書かれています。無錫は毎週火曜日と金曜日が外国人試験日。1日に2回受験できます。なお、上海などは試験は予約制で1週間以上先になるという情報があります。真偽は定かではないです。
  4. 車両管理所に戻り、健康診断を受けます。20元+写真50元くらいだったと思います。(視力と聴力、色盲などの検査)
  5. パスポート写真のページ、居留許可のページ、境外人員臨時住宿登記単、免許証の表、裏の各コピー(各1元でした。)が必要です。
  6. 境外人員臨時住宿登記単は、有効期限に注意。そして、なぜか原本を取られてしまいました。
  7. A5のメモ紙みたいなものを渡されて、試験会場へ。受験票のようです。合格するまで何度も使用します。1回合格ならいいですが・・・。
  8. 試験を受けます。パソコンでクリックするだけの試験です。2択や4択があります。ちなみに簡単ではなかったです。このサイトに会員登録し模擬試験を1000問程度はやったほうがいいです。中国人の本試験と基本的には同じようです。(ただし、軍隊に入って海外へ派遣された場合は更新期限を延長できるとかできないとか、そういった国民事情の法令についてはさすがに出題されないようです。)ちなみに勉強しなかったため、当初2回は落ちてしまいました。3回目はこのサイトの問題集を使って98点でした。(合格したときも点数がわかります。)
  9. 以前は、90点以上に到達すると試験が自動的に終了になるという情報でしたが、現在はそのようなことはありません。終了ボタンのようなものを押さない限り時間到達まで採点されないみたいです。
  10. 時間到達か、終了ボタンをおすと合否が画面に出ます。合格ならA4の合格証書をもらえます。
  11. 指定された窓口に行くと免許証が発行されます。追加で100元。
  12. 免許証は、窓口の混雑がなければ、当日合格後15分もあれば発行されます。
  • ここまでが手順となりますが、さまざまなサイトで書かれている情報を基に動かないことがよろしいと思います。まずは、管轄の車両管理所へ確認して試験日と翻訳作成機関の住所を確認することです。写真などは事前に用意しても意味がないです。中国の行政機関では、ほとんどの場合、撮り直しになります。
  • 試験の内容で、おじいさんが邪魔だったらクラクションを鳴らしてどいてもらうとかいう恐ろしい交通ルールの伝説はウソでした。かなり道徳的な運転が求められます。しかし、日本には無い状況から特殊なルールが結構ありますのでやはり日本と同じように試験勉強は必須です。
  • ちなみに前々日+前日の2日もあれば大丈夫でしょう。